髪の痛みが少ないカラーの仕方

カラーリングで感じのいい色の髪になっても後で髪が傷んでパサついてはせっかくのカラーも台無しです。髪への痛みが少ないカラーの仕方というのはあるのでしょうか。
カラーリングにはアルカリ性と酸性があり、色を明るくする為の脱色効果のあるカラーはアルカリ性なんだそうです。このカラーの中にはハイライトやメッシュも含まれるという事で髪全体を染めるカラーの事をカラーリングというようです。それで色みを重視するならカラーリング、自然な感じを出したいのならハイライトが向いているみたいなんですね。
一方酸性のカラーはヘアマニキュアの事で、これだと髪には全くダメージがないという事です。でもマニキュアの場合は色はほとんど変化がないそうです。ヘアマニキュアは色をつけるというよりも髪を守るためのコーティングに使うといいみたいです。艶出し効果もあるので、アルカリのカラーで好みの色にした後でトリートメントの意味合いで透明のマニキュアをするといいそうです。いい感じに染まった髪の色はこういった方法で少しでも長く維持させたいですよね。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。