美容室での上手な髪の切り方

行きつけの馴染みの美容室は別として、あまり行かない、または初めていくお店で髪を切る時は不安ですよね。自分の希望とスタイリストさんとの意思の疎通がうまくできずに自分の希望と違う仕上りになってガッカリした経験はないでしょうか。私は結構あります。そんな失敗をしない為の美容室での上手な切り方を覚えておきましょう。

まず馴染みでないお店では曖昧な表現は避けた方が無難です。
実際に「○センチ切って」と言うのも意外と行き違いの原因になりがちなものです。指定通りの長さに切っていても、スキバサミの入れ方で見た目には違って見える事もよくあるようです。ショートとかセミロングというのも規定があるわけではないので人によって基準がまちまちです。雑誌等で好みの髪型を見つけた時にはその写真を持っていって見せるのが一番いい様です。もしもそういったものが見つからなければ、自分の好きな長さや思い描いているイメージ等を可能な限り伝えましょう。こんなスタイルにはしてほしくないという事があれば特にそれはしっかりと伝えるようにします。
馴染みの気心の知れたスタイリストさんであれば大まかに伝えてあとはお任せでもいいかもしれません。でも相手がプロだからといって、初めて担当してもらう相手に「お任せ」と言ってしまうとお互いのイメージの違いで後悔する事もあります。切りすぎてしまった髪は元には戻せないので、しっかりと意思合せをしてから取り掛かってもらいましょう。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。